トップ

ロレックスの修理の基本

ロレックスが故障したら修理へ

ロレックスを修理に出す

働き盛りの男性のタフなデイリーユースにも十分耐えてくれる、大人の男性だからこそ似合う時計の代表ロレックス。長く愛用するためのメンテナンスの一環として定期的なオーバーホールを欠かさないという人も多いでしょう。

とはいえ、やはり精密機械の時計である以上、故障が起きる可能性はゼロではありません。ほかの時計と同様に、ロレックスも動作がおかしいと感じたら、速やかに修理担当に相談しましょう。ロレックスを修理するなら。

ロレックスの修理を担当してくれる窓口は大きく分けて次の3つです。まずメーカーの修理窓口としての日本ロレックス公式修理業者です。日本国内ならば日本ロレックスのサービスセンターが該当するでしょう。

二つ目の窓口が購入店です。そして3つ目が一般の時計修理業者になります。それぞれメリットデメリットがあるので、修理前によく検討しておくことが大切です。

まず、日本ロレックスのサ一ビスセンターへ依頼した場合、日本ロレックスが公式に認めた修理業者のメンテナンスを受けられるので、コストは割高になりますが、なんといっても安心感があります。ただし、ユーザー心理は共通で、正規品、並行輸入品を問わずロレックスが故障したら日本ロレックス公式修理業者の窓口に持ち込む人々が圧倒的に多いようです。そのための日本ロレックス公式修理業者窓口に依頼した場合、修理完了まで数カ月時間がかかることも珍しくありません。

購入店に依頼した場合、修理そのものは日本ロレックス公式修理業者もしくは修理専門業者への仲介はしてもらえますが修理そのものは担当しません。ですが、メンテナンス料金の割引購入特典などサービスが手厚いところがメリットです。ロレックス故障時にはまずは購入店に相談することがおすすめです。

最後の3つ目が一般の時計修理業者になりますが、修理対応のクオリティは業者の持つ技術に依存し、メニューも基本技術料金もさまざまです。

Copyright © ロレックスが故障したら修理へ. All rights reserved.